事務局からのお知らせ

『FOUJITA』公開日決定!
本年11月より全国ロードショー。

小栗康平 脚本・監督作品『FOUJITA』公開日決定のお知らせ

2015/06/10

小栗康平10年ぶりの新作『FOUJITA』の公開日が決定しましたので、お知らせ致します。

1920年代よりフランスを中心に活躍した日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた『FOUJITA』(フジタ)を、KADOKAWAの配給により、11月14日(土)から角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開することとなりました。

Still001_1

FOUJITA_logo

タイトルの『FOUJITA』は、フジタ(藤田嗣治)のフランス語表記。
フジタは1913年、27歳で単身フランスへ渡り、1920年代前半に発表した「ジュイ布のある裸婦」(寝室の裸婦キキ)をはじめとして、“乳白色の肌”と称された裸婦像が絶賛を浴び、エコール・ド・パリの寵児となり、社交界の人気者となった。1940年、第二次大世界大戦でパリがドイツ軍の手に落ちる寸前に、帰国を果たす。戦時の日本では「アッツ島玉砕」をはじめとして数多くの“戦争協力画”を描く。戦後、戦争責任を問われて日本を去り、その後、フランスに帰化。カソリックになって洗礼名をレオナール・フジタとする。
フジタは戦後、二度と日本に戻っていない。

 
小栗監督はフジタが生きた二つの時代、二つの文化の差異に注目します。
「パリの裸婦は日本画的といってもよく、日本での”戦争協力画”は西洋の歴史画に近い。『大東亜の理想』が叫ばれていたときである。これをフジタの”ねじれ”ととるか、したたかさ、ととるか。掘り下げるべきテーマは深い」と語る監督自ら脚本を手掛けた『FOUJITA』は、伝記映画の枠にとどまりません。
小栗監督の静謐な映像美でフジタの知られざる世界が現出します。

主演はオダギリジョー。共演には中谷美紀。ほかに加瀬亮、りりィ、岸部一徳、といった実力派が脇を固め、フランスからも人気の俳優が顔を揃えます。
フランス側のプロデューサーには、『アメリ』で世界的大ヒットを飛ばしたクローディー・オサール。
この話題の日仏合作映画にぜひご期待ください。
 

出演:
オダギリジョー、中谷美紀、アナ・ジラルド、アンジェル・ユモー、マリー・クレメール、加瀬亮、りりィ、岸部一徳、他
製作:
井上和子、小栗康平、クローディー・オサール
監督・脚本:
小栗康平
音楽:
佐藤聰明
配給:
KADOKAWA
公式サイト:
www.foujita.info

事務局からのお知らせ

» 一覧
小栗康平コレクション別巻『FOUJITA』BD発売、
小栗監督全作品特別上映のお知らせ
2017年04月13日
追悼・りりィさん
(小栗監督による追悼メッセージ)
2016年11月11日
小栗康平コレクション第5弾『埋もれ木』DVD発売、
『FOUJITA』BD化決定のお知らせ
2016年10月20日
神楽坂映画祭2016 『伽倻子のために』上映と小栗監督トークショーのお知らせ
2016年10月07日
『FOUJITA』関連イベントのご案内
2016年09月26日
» 一覧