小栗康平 手記

「FOUJITA」 パリでの撮影

2014/10/10

201409305T3A5132
クローディー・オサールと

パリに入って2週間が経ちました。予定の半分です。天候が不安定で苦労しています。
雨になっても、一日中雨、ということでもなく、やりくりしながら、です。でも全体としては順調です。

撮影、照明、録音の技術パートは日本チームです。グリップと言っているカメラまわりをみる人、ゼネレーターや照明機材に関わる人、製作、美術はパートは全員フランスからと、ちょっと混み入った編成です。しかしそこは映画屋同士、コミュニケーションはうまく行っています。

ただ、労働環境はまったく日本とは異なっていて、働く人の権利が徹底的に守られていますから、とにかく終わるまでまでやって、などということは考えられません。土曜、日曜日は働きません。働かないわけではないのですか、2倍、3倍とギャラが上乗せされますから、よほどのことがない限り、そうしたスケジュールは組めません。労働環境というよりは、映画を取り巻く考え方そのものが、歴史的にも大きく違っています。思いは複雑です。

法令で街の景観が保たれているパリとはいえ、一階から下は当然ながら変わっていますから、映画で設定している1920年代のパリをそのまま撮れるところは、やはり皆無です。銀座のど真ん中で時代劇を撮るような苦労が付いて回っています。東欧のどこかで、と言った考え方もないわけではなかったのてすが、パリに留まって良かったと思っています。粘り強く工夫し、CG作業もフル動員して、100年近く前のモンパルナスを画像に作り込んでいます。再現ではありませんから、私たちの見るパリ、ですね。いい味が出ていると自負しています。フランスプロデューサーのクローディーをはじめとして、こちらのスタッフもトレビアンを連発してくれます。

201410015T3A5955

モンパルナス、ロトンドの設定で

時間がなくて、詳細はまた後日に。

小栗康平

事務局からのお知らせ

» 一覧
小栗康平コレクション別巻『FOUJITA』BD発売、
小栗監督全作品特別上映のお知らせ
2017年04月13日
追悼・りりィさん
(小栗監督による追悼メッセージ)
2016年11月11日
小栗康平コレクション第5弾『埋もれ木』DVD発売、
『FOUJITA』BD化決定のお知らせ
2016年10月20日
神楽坂映画祭2016 『伽倻子のために』上映と小栗監督トークショーのお知らせ
2016年10月07日
『FOUJITA』関連イベントのご案内
2016年09月26日
» 一覧

手記 バックナンバー