事務局からのお知らせ

東京新聞「私の本の話」への寄稿のお知らせ

2016/01/29

東京新聞、2月1日(月)朝刊の「私の本の話」というコーナーに小栗康平監督が寄稿しますので、お知らせ致します。
「私の本の話」は著者が自分の本について記すコーナーで、今回、小栗監督の新著「じっとしている唄」(白水社)について監督自身が書いたものが掲載される予定です。

東京新聞・掲載予定

掲載日:
東京新聞2月1日(月)朝刊
掲載面:
東京エンタメ堂書店「私の本の話」

小栗康平新著「じっとしている唄」

jittoshiteiruuta

陶芸家の河井寛次郎が書いた『六十年前の今』という本に次のような一節がある。

形はじっとしてゐる唄、
飛んでいながらじっとしてゐる鳥、

河井が言う「形」とは、形をともなって「在る」ことを見せているいっさいの事物、ものそのもの、のことだろう。だから形あるものはすべからくその本然として「唄」を持っている、そう言っているように私には思える。(中略)
映画の「場」は虚構として設定されるものだけれど、「形」あるものの「じっとしている唄」を聴くためには「もの」がそもそもどこにあったかを考え、探っていかなくてはならない。
(本文より)

小栗監督が、東日本大震災を経て、新作『FOUJITA』に至るまで、映像表現の可能性を探り続けたこの10年の軌跡をまとめたものとなります。ぜひご一読ください。

単行本:
四六判、256ページ
定価:
2100円(税別)
発売日:
2015年11月26日
出版社:
白水社
Amazonでご購入
小栗康平著
「じっとしている唄」

事務局からのお知らせ

» 一覧
小栗康平コレクション別巻『FOUJITA』BD発売、
小栗監督全作品特別上映のお知らせ
2017年04月13日
追悼・りりィさん
(小栗監督による追悼メッセージ)
2016年11月11日
小栗康平コレクション第5弾『埋もれ木』DVD発売、
『FOUJITA』BD化決定のお知らせ
2016年10月20日
神楽坂映画祭2016 『伽倻子のために』上映と小栗監督トークショーのお知らせ
2016年10月07日
『FOUJITA』関連イベントのご案内
2016年09月26日
» 一覧