小栗康平 手記

「FOUJITA」 クランクアップまでもう少し

2014/12/03

10月末から手記の更新がないので、「その後の撮影が順調にいっているのかどうか、やきもきしています」というメールをいただきました。
パリから戻っての日本での撮影も上手くいっております。

1

今は大雪の秋田におります。
早いもので、東京に戻ってあと10日間ほど撮影すると、一部の実景を残して実質的にはクランクアップです。9月上旬のクランクインから数えて100日を超えることになります。日本映画の厳しい製作環境を考えると大いに恵まれた撮影でした。インからアップまで1ヵ月といった作品も少なくないようですし、良くて50日間がいいところ、と聞いていますから。
長く一緒にやっていると、この映画の考え方、私の撮り方といったものがスタッフに浸透していきます。これはとても心強いことです。
例えば照明部。すでにどんな画調にしていくかはしっかりと確認されていますから、どんどん先に仕事を進めていってしまいます。いつも本隊よりも2時間近く動き始めが早いのです。ロケでは1日先乗りまでしてしまいます。製作的には宿泊しなくても…となるのですが、プロデューサーいわく、「もう止められません」。いい仕事になっているのでうれしいことではあるのですが。

2

私は、その日のカット割りといったものを当日、現場でスタッフに伝えるのですが、その日のショット数がいつもより多かったりすると、「ああ、そうなの」といったふうに妙に不機嫌な顔をされたりしてしまいます。多くて大変だから、ではなくて、「いいんですか、それで」なのです。そうしたときは芝居が上手くいかないなどなんらかの理由が私にはあるのですが、再考を促されることにもなる。実際、結果としてそのまま撮ってしまって、私が間違えましたとなってしまったことがこれまでもなかったわけではない。
先日もワンカット、どうしても上手くいかない。撮影を終えても気になって、編集でなんとかならないものかと翌日、モニターを見直していると、撮影部の助手さんから、「あのショット、撮っているときから胸がざわざわして気持ちが悪かった」などと言われてしまう。いつもだったら入らない斜めのポジションにカメラが入っているからだった。「あんな撮り方をしたら、2時間ドラマになってしまうよねえ」などとあとで悪口まで聞こえてくる。なんというスタッフであることか。

美術パートでも、飾りで私が迷い、「ちょっと現実から離れすぎかなあ」などと言うと、「小栗組はなんでもありでしょう。ここまでいろいろ整理して虚構の領域を深めてきているのに、今更なんですか」と、私が背中を押されてしまうこともある。
こうやって新しい映画が誕生していくのかもしれません。

3

次に書けるのはクランクアップしてから、でしょうか。

「FOUJITA」撮る側のハート

2014/10/30

成田に迎えの車が来ていて、角川大映スタジオに直行する。持ち込んだ機材も膨大で、個数にして150個、重量は1.5トンにもなっていたから大移動だった。
空港からスタジオに横づけされて、留守部隊の出迎えを受けてそのままセットイン、である。3日後には残りのフランスセット分を撮らなくてはならないからだ。幾つもの確認がある。モンパルナスのセットが建ち上がっていて、ステージには幾つものスタンドやフロアースタンドなどが用意されて並べられている。それだけでも何十とある。選択肢は広いほうがありがたい。

20141003IMG_9274

20141003IMG_9044

私はなにか、奇妙な感覚におちいる。フランスでも日本でも、撮ることではなにも変わらないのではないか。
初めての合作による海外ロケであったけれど、思いの外「撮れた」という実感がある。どうしてだろう。言葉の問題とか撮影時間の制約とか、不自由はたくさんあったのに、なぜそう感じられているのか。フランスだからといって、とくに撮り方を変えたことはない。自分はどこにいても、セットもロケもそれを別々なものとして撮ってはいない。だからなのか。セット、ロケの違いがないのであれば、日本もフランスもない。同じ緊張で向かい合っていられさえすれば、いい画は撮れる。そう思ったのかも知れない。

撮影とは、根本において現実に対して無理を強いることだから、この精神が弛緩してはいいものにならない。しかしだからと言って、乱暴になれ、ではない。無理を強いるからこそ、撮る側のハートが問われる。

フランス出発前に、季節の関係もあって、栃木で野良のワンシーンを撮った。天候が不安定で待ち時間が多くなってしまった。戦時中の、なにか不安な気配を出すために大型の送風機を2台持ち込んで、タイミングを図りながら稲を揺らさなければならなかった。うまくいかない。OKが出るまで、お昼をはさんで撮影は2時間半にも及んでしまった。出演してくれている人たちは、近所からボランティアで参加してくださっている。年寄りと女の人たちと子どもたちばかりである。
私はカメラサイドで繰り返し指示を出す。近くには、制作部が飲み物などをおいて現場に備えておくテントがある。何度目かの待ちになったとき、日差しは強くなっていた。そのとき、照明部の若い人たち4人が、なにも言わないのに、テントの四隅を持ってエキストラの人たちにそれを差し掛けに行ってくれたのだ。フレームの外からそれを運んでいく。若いといっても、セカンド、サードの田中ちゃん、月岡ちゃんたちは、よそではもう立派にチーフの仕事をしている人たちだ。「ああ、いい照明部だ」とつい口に出したら、チーフの禎ちゃんがすましてそれをみている。命令などなに一つしていない。撮る側のハート、心とはこんなところにふっと現れる。難しいことではない。無理をしているから、どんな気持ちで被写体を見ているかが、仕事に現れてくるのだろう。

DSC05974

実際に照明部は特に目立って、いい仕事をしてくれている。ライトマンは津嘉山誠さん。カメラマンの町田博さんが誘ってくれた人だ。まこちゃんは、もの凄い勉強家である。私のあらゆる仕事の中身を記憶してくれていて、あれこれと考えている。

201409305T3A5013

技術パートについてはいずれまた詳細を書いてみたい。
もう直ぐフランス編を終えて、敗戦前の日本に撮影の舞台が移って行く。

続・「FOUJITA」 パリでの撮影

2014/10/20

モンマルトルのカフェで書いています。

日暮れまであと2時間。ホテルの表を撮る夜間撮影です。凄い数の観光客です。カフェの席が空くと、あっという間にお客さんが座っていきます。映画ではモンパルナスですが、いいところがなくて、モンマルトルの普通の建物をホテルに見たてて、美術スタッフが明かりの入るホテルの看板を設置しています。中は帰国してからの、角川大映でのセット撮影です。
フランスの美術スタッフの仕事は、ロケ加工でも、飾りでも、ほとんどが当日作業です。日本では考えられないことですが、決められたファーストカット予定時間というものには見事に間に合わせてきます。短い労働時間だからこそ、合理的に仕事が分担されています。いいのか悪いのか、これは労働の考え方、というよりは文化の基本にあることで、映画の文体もそこに根ざしていると思えば、日本映画とはけっして一緒にはならないなあと、つくづく思います。

パリは駐車場というものがないに等しく、街中の路上がすべて駐車場です。この路上駐車の車を捌いて撮影用の駐車場所を確保したり、この映画のように現代物ではないときには、フレームに入るそれらをすべて排除しなくてはなりません。一台車が出たら、赤いコーンを置いて、そこからの駐車料金を払って他の車を置かせないようにして、一つひとつそれを繰り返していきます。専門のスタッフが2日なり3日なりかけて、徹夜でそれをやっていくのです。気が遠くなりますが、パリロケはこれなくして成立しません。それでもパリ市から撮影許可さえ出れば、時間を区切ってではあるものの、警察官も出て完全交通止めにしてくれます。これは助かります。

5T3A6353
先日、パリ近郊のポントワーズ市で、蚤の市の撮影をしてきました。
およそ30年前に、「伽倻子のために」で撮った幼稚園のバザーのシーンを思い出していました。モノがいつもとは違うところに置かれることで用途を離れる。主人公のサンジュンが、なにかはぐれたようにそこに佇んで、という場面でした。在日の、ある表情を捉えようとしての、試みでした。パリの蚤の市は逆で、フジタがそうしたモノたちの間を喜々として歩く。フジタの、モノに対する視線、事物へのフェティッシュのこだわりを考えての、蚤の市でした。

5T3A6053

パリの撮影が始まって3週間が経過しました。
相変わらず、雨に追い立てられてはいますが、奇跡的に、全部、撮れています。ありがたいことです。

事務局からのお知らせ

小栗康平、待望の始動!
10年ぶりの新作は、西洋画壇で絶賛を浴びた日本人画家、藤田嗣治を描く。
2014年09月25日

手記 バックナンバー