小栗康平 手記

5月11日、カンヌにて

2005/05/12

昨夜、ミラノ経由でカンヌに入りました。ミラノからニースまでは久しぶりのプロペラ機で、一時間半ほどのフライト、ほとんど隣町という感覚です。
カンヌは「死の棘」以来ですので、15年ぶりです。変わったことといえば、ニースからカンヌまでハイウェイが出来ていたことぐらいでしようか。

photo050513

出迎えの車で20分、パーム・ビーチのホテルに入りました。先乗りしていた劇団ひまわりの砂岡代表夫妻、夏蓮、日本の配給会社のファントム・フィルム、海外配給のピラミッドの人たちと合流して、さっそく翌日のスケジュール打ち合わせです。
渡されたカタログを見ると、監督週間のディレクターであるオリビエさんがこう書いていました。
「小栗監督の新作『埋もれ木』を監督週間に招待できたことを誇りに思っているとともに、この詩的な傑作が、カンヌ映画祭と監督週間の友好的な共催を可能にした事実をとてもうれしく思っております。」
説明しますと、『埋もれ木』はカンヌのオフィシャル・セレクションという部門と監督週間という二つの部門がともにセレクションしたという意味で、こうしたことはこれまでのカンヌではなかったことだからです。というのは、この二つの部門はまったく別なセクションで、本来は競合する関係にあるものだからです。
両セクションのディレクターがともにこの作品を気に入ってくれたのですから、ありがたいことです。

事務局からのお知らせ

» 一覧
小栗康平コレクション別巻『FOUJITA』BD発売、
小栗監督全作品特別上映のお知らせ
2017年04月13日
追悼・りりィさん
(小栗監督による追悼メッセージ)
2016年11月11日
小栗康平コレクション第5弾『埋もれ木』DVD発売、
『FOUJITA』BD化決定のお知らせ
2016年10月20日
神楽坂映画祭2016 『伽倻子のために』上映と小栗監督トークショーのお知らせ
2016年10月07日
『FOUJITA』関連イベントのご案内
2016年09月26日
» 一覧

手記 バックナンバー