事務局からのお知らせ

【第8回 邑(むら)の映画会】『埋もれ木』上映、小栗監督講演のお知らせ

2015/10/02

群馬県邑楽町(おうらまち)で毎年開催されている「邑(むら)の映画会」において、『埋もれ木』の上映と小栗監督の講演が実施されますので、お知らせ致します。

umoregi01

第8回 邑の映画会 開催概要

「邑(むら)の映画会」は、群馬県の『映像教育』の発展を目指し、世界で製作された多様な映画作品の上映活動を通して、地域の子ども、大人たちが夢をふくらませ、映像によって心豊かな感性が育めることを願って2008年に設立されたイベントです。

開催日時:
11月3日(火・祝 文化の日)11:30~16:10
開催場所:
邑楽町立中野小学校 体育館(群馬県邑楽郡邑楽町中野3021)
 
主催者:
邑の映画会実行委員会
Webサイト:
http://kenokuni.jp/muracinema/
(イベント詳細・チケットに関しましては主催者にお問い合わせください)
 
上映作品:
『埋もれ木』『紅葉狩』『木を植えた男』、他
講演:
「自分の夢と仲良くしよう」 小栗康平

mura01

mura02

画像をクリックするとPDFが表示されます。

邑の映画会実行委員会のコメント

「邑の映画会」は、群馬県の平成20年度「地域における映画上映推進事業」に採択され、昨年第7回も、皆様のご支援ご協力のもと実施することが出来ました。
群馬県・群馬県教育委員会では、前橋市出身の小栗康平映画監督を講師に迎え、小学校で映像教育を行っておりました。テレビやゲームなど、スイッチを入れれば向こうから飛び込んでくる映像について、言語を学ぶように、作られたものである映像の事を、どこかでしっかり学ばなければならないと考えての事でした。ホールもない、映画館もないこの町で、中野東小学校が映像教育の指定校になり、その後、子ども、大人の有志による実行委員会ができ、7回の映画会を開催(毎年11月3日文化の日に開催)して来ました。
今回のアニメーション映画は、日本、カナダで製作されたなかなか見ることのできない映画を選びました。1899年日本人が撮影した現存する最古の映画『紅葉狩』は、歌舞伎紅葉狩の一場面を撮影したもので、2009年に映画フィルムとして初めて国の重要文化財に指定されました。その他『漫画瘤取り』『村祭』『鳥の誕生』『木を植えた男』は、切り絵や絵を描いて、1秒間に12コマほどを連写することによって動かないものが動いて見えるようになるアニメーション映画です。邑の映画会の子どもたちもワークショップでアニメーション映画を製作しています。
劇映画は、小栗康平監督『埋もれ木』を上映します。高校生の女の子たちが夢物語を語りそれをリレーして遊びます。大人たちは、過去の物語を語ります。夢、過去、現実、未来が溶け合って、人々は、立木のまま埋もれた地下の埋もれ木の森のカーニバルへと行きつきます。映像教育を中野東小学校で学んだ子は、高校3年生。子どもたちが選びました。なお、顧問小栗監督の講演は「自分の夢と仲良くしよう」です。
第8回 邑の映画会の成功を期し、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

小栗監督のコメント

「自分の夢と仲良くしよう」
これは映画「埋もれ木」のキャッチコピーです。思い描くことを手放さないように、ということでもあるでしょうか。
映画は、見えるものを撮っていますが、夢とか祈りとか、そういう見えないものを通して、私たちがもう一度結び合うために必要とされているもの、と考えたいです。

関連手記

「邑(むら)の映画会」(2008/10/28)
「邑の映画会」(2009/10/09)

事務局からのお知らせ

» 一覧
小栗康平コレクション別巻『FOUJITA』BD発売、
小栗監督全作品特別上映のお知らせ
2017年04月13日
追悼・りりィさん
(小栗監督による追悼メッセージ)
2016年11月11日
小栗康平コレクション第5弾『埋もれ木』DVD発売、
『FOUJITA』BD化決定のお知らせ
2016年10月20日
神楽坂映画祭2016 『伽倻子のために』上映と小栗監督トークショーのお知らせ
2016年10月07日
『FOUJITA』関連イベントのご案内
2016年09月26日
» 一覧